日記2015~2012

DSCF1854.JPG福岡市中央区舞鶴公園。福岡城の石垣です。そのお膝元に福岡武道館があります。

20150502

平成27年5月1日(金)
福岡武道館道場にて

 GW直前の道場でもいつも通りの稽古に汗を流します。5月4日のどんたく奉祝に向けて技の確認をする師範と会員。この日入門希望の少年とご家族が見学に来られて、宗家が基本指導。刀が少し長くて扱いにくそうですが、それでもちゃんと抜刀できるようになるのが不思議です。先が楽しみですね。頑張って下さい。

DSCN6346(変換後).jpg

             急に気温が上がり夏日になった日でした。


20141025

平成26年10月14日(火)
三月田館道場で審査

長岡宗家、師範、会員が見守ります。

 忙しい会員は稽古日に参加できず昇段も遅くなりますが、めげずに続けた女子会員が今回1人で審査を受けました。武道館より狭い三月田館道場ですが、いつも笑顔の会員も緊張して演武。筆記試験を合わせて審査され見事合格。17日(金)の福岡武道館道場にて免状を授与されました。昇段後はまた新しい技への挑戦が始まります。楽しみですね。おめでとうございます!

DSCN3005(変換後).jpg

                 見守る会員も緊張します。


20140620

平成26年6月20日(金)
官兵衛から学ぶ黒田戦法

稽古の後、宗家からいただきました。

 佳境に入る大河ドラマでは藤花の下で幽閉の後いっそう存在感を増す「軍師官兵衛」。写真は金曜日の稽古の後、市民講座での講演内容の抜粋を会員に渡す長岡宗家。題して
「黒田藩祖官兵衛から学ぶ黒田戦法」。
柳心会の活人剣は官兵衛の厳しくも優しい志をその様々な技に見ることができ興味はつきません。またそれを自分で直接に学ぶことが出来るなんて、金曜日と第二第四火曜日の稽古は頭にも身体にもいいわくわく感たっぷりの楽しい時間となっています。

DSCN1105(変換後).jpg
配られた講座内容を読む会員たちです。


20140504

平成26年5月4日(日)
博多どんたく港まつり

福岡城演舞台で奉祝演武

 240万人の人出で賑わった博多どんたくは快晴に恵まれ無事終了。今年は大河ドラマ「軍師官兵衛」放送中で盛り上がりもひとしお。4日の福岡城演舞台では黒田家16代当主長高様と令夫人をお迎えして様々な奉祝が行われました。柳心会も前日のパレードに続き、朝10時から16名の会員が宗家の四方払ののち多くの技を披露しました。町人の祭りとして知られていますが、にぎやかな松ばやしがお城へ繰り込み城主に挨拶をするという江戸時代からの「通りもん」という習わしにのっとった「平和な暮らしを寿ぎ祝う」歴史ある福岡城での行事です。

DSCN0334(変換後).jpg
第16代当主を福岡城演舞台前でお迎えする会員。


20140314

平成26年3月14日(金)
福岡武道館稽古

福岡武道館道場で稽古

 3月14日(金)の稽古風景です。通常の稽古に加えて、3,,4,5月の行事に向け、それぞれが技の稽古に励みます。三月田館の稽古も通常通りです。(21日休日の武道館道場の稽古は休みです)

DSCN9300(変換後).jpg
稽古始めの作法を行っています。


20131224

平成25年12月24日(火)
稽古納め

三月田館道場の平成25年度稽古納め

 12月15日に忘年会、20日(金)福岡武道館道場稽古納めに続き、南区高宮の三月田館道場にて稽古納めを行いました。同時に関西在住の大学生会員が昇段試験に臨みました。今年は入門者が多く二つの道場が狭く思えるほどになり嬉しい限りです。平成26年度の活動は1月2日(木)の香椎宮新春奉納に始まります。福岡武道館稽古始めは10日(金)三月田館道場は14日(火)です。関係各位の皆さま、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

DSCN8308(変換後).jpg
皆が見守る中、宗家の前で審査を受ける会員。

20130731

平成25年10月26日(土)
福岡歴史・観光市民大学
「軍師官兵衛」第六回

柳心会長岡鎮廣宗家の講義「黒田戦法」

 いつもは技を習うのが精一杯ですが、ふとした時間に教わる長岡宗家の話は大変面白く、もっと聴きたいと思わずにはいられません。市民大学の講座では「黒田官兵衛孝高と柳生新影流兵法戦いの思想」と題して多くの合戦や城攻めに智略を用いた官兵衛の話を長岡宗家が講義します。
詳細は「福岡城市民の会HP」をご参照ください。

DSCN5458(変換後).jpg
福岡城趾そばの福岡武道館にて。宗家とマイケル師範。

20130504

平成25年5月4日 (土祝)
博多どんたく奉祝

福岡城趾舞台にて。

 今年のどんたくは珍しく快晴がつづき、柳心会も第16代黒田家当主黒田長高様御令室御令嬢の前で稽古してきた技を奉祝演武いたしました。宗家をはじめ14名といつになく参加者が多くたくさんの技を披露。見学の方々からも驚きの声があがりました。文を志すものは必ず武を備えるべしという古の教えをこれからも守っていく心構えです。

DSCN4645(変換後).jpg

舞台の上と下で演武を繰り広げました。

20130429

平成25年4月29日 (月祝)
斬試会

飯塚の会員宅にて。

 宗家をはじめ入門したばかりのチェコの女性会員も含め15人の会員と関係者が集い、まずは筍掘り。着替えてから斬試です。回を重ねた会員は高度な技できれいに斬っていきます。若い会員が素直に斬ると厳しいまなざしで指導する宗家も嬉しそうです。5月3日午後は黒田官兵衛どんたく隊のパレードに参加。4日は10時から福岡城趾舞台で恒例の奉祝演武を行います。(活動の様子は会員ブログでもご覧頂けます

有浦さんの一太刀(変換後).jpg

入門1年未満の会員が見事にスパッっと…。背筋がのびてきれいです。

20130201

平成25年2月1日 (金)
鵜戸神宮例祭奉納

恒例の一泊旅。

 2月1日(金)
 平成25年1月31日(木)、宮崎県日南市の鵜戸神宮へ向けて長岡宗家をはじめ8人の会員と家族が福岡市天神を出発、夕方鵜戸神宮大鳥居前の民宿「南光」に到着。伊勢エビやあなごのしゃぶしゃぶなど自慢の料理をいただき、翌朝10時から断崖絶壁に空いた洞窟の本殿で演武を奉納。外はあいにくの雨風でしたが、全員しっかりと演武いたしました。皆さまご協力ありがとうございました。

DSCN3453(変換後).jpg

例祭が終わり雨と風の中、直会に向かう会員。

20130102

平成25年1月2日 
香椎宮新春奉納

充実した一年だった平成24年度に負けないようにがんばります。

 1月2日(水)
 平成25年活動のスタートは年明け早々の1月2日(水)、福岡市東区の香椎宮に長岡宗家をはじめ13人の会員が集まりました。恒例の新春奉納です。これが終わらないと新年がはじまらない気分。稽古始めは三月田館道場1月8日(火)福岡武道館1月11日(金)と例年より早めでしたが、たくさんの会員が初稽古にやってきました。良い年になりそうです。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

a.jpg

長岡鎮廣宗家の四方払。

20121225

福岡武道館道場・
三月田館道場稽古納め

記念行事が目白押しだった平成24年が終わります。

 12月21日(金)25日(火)
 おかげさまで長岡鎮廣宗家の宗家継承15周年記念行事を総て無事に終え平成24年度稽古納めを迎えることが出来ました。関係各位、会員、ご家族の皆さま一年間本当にありがとうございました。奉納の為にたくさん稽古した一年でした。やり残したことも多く、年が明けてから再び道場で宗家師範に厳しく指導を受ける覚悟です。平成25年は1月2日に香椎宮新春奉納、三月田館道場稽古始めは1月8日(火)福岡武道館は1月11日(金)です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSCN2882(変換後).jpg

21日(金)福岡武道館道場にて奥入免許を受ける会員。

20121104

英彦山神宮奉納

日本三大修験山の一つ英彦山の英彦山神宮にて宗家継承15周年記念奉納。

 11月4日(日)
 雨は夕方からとの予報だった添田町、しかし山の天気は予測不能。朝10時に参加会員12名を乗せた小型バスが天神を出発、12時にスロープカー花駅に到着。紅葉を下に見ながら標高約700mの神駅で降り石段を上って英彦山神宮奉幣殿に着きました。国指定重要文化財の奉幣殿で神事を受けその後境内で演武と斬試を奉納。重い荷物を携え直行した会員を含め15名が真摯に演武いたしました。英彦山神宮の皆さま、参拝の皆さま、ご協力ありがとうございました。詳細は「英彦山神宮奉納」リンクで。

DSCN1918(変換後).jpg

奉幣殿前。いつも支度に手間取る女子部。せめて敷かれたシートを清めよう。

20121027

第一回月華祭
福岡の新しい祭りで四方払

 10月27日(土)
 祭りが多い福岡ですが、今回、天神の警固神社を中心とする6つの神社と大名・赤坂・舞鶴・警固の小学校4区が新しい秋の祭りをスタートしました。平安衣装に身を包んだ参加者が見守る中、月に群雲のたとえの通り降りみ降らずみの空の下、第一回月華祭の神事が舞鶴公園で奉納され、柳心会長岡鎮廣宗家の四方払(破邪の剣)で午前の部が終了。美しい神輿に乗る小学生のかぐや姫がとても可愛かったです。詳細は月華祭HPでどうぞ。

DSCN1858(変換後).jpg

かぐや姫降臨の儀式。この後長岡宗家の四方払と師範含め作法奉納。

20121021

斬試会
英彦山神宮奉納(11月4日)に向けて

 10月21日(日)
 斬試会が飯塚市の会員宅で行われました。次回の宗家継承15周年記念行事は英彦山神宮奉納です。その際、参加する柳心会会員はそれぞれ業を使い斬試を奉納することが決まり、その最終稽古となりました。前後を続けて斬る、一本の巻き蓙を斬り上げ直後に左袈裟、など宗家や師範の指導を受けながら充実した斬試が続きました。実はこの後の楽しみが囲炉裏を囲んでの反省会。会員同士の絆も深まった秋の斬試会でした。

030.jpg

藤田師範の斬試。

20121014

香椎宮奉納

 10月14日(日)
 恒例の香椎宮秋季氏子大祭が行われ、宗家師範を始め13人が演武を奉納いたしました。獅子楽や少年剣道大会も平行して奉納され、神事の間、気合いの入った少年たちの声が爽やかな秋の空の下、神宮の森に谺します。柳心会にも奉納が初めての会員がいて先輩と共に無事演武を終えました。境内には生け花も奉納され、まためずらしい流鏑馬を見る為にたくさんの人が集まってきていました。七五三の親子連れもそこここに見え、厳粛な中にもうきうきとした気分の穏やかな1日となりました。

DSCN1755.JPG

会員の家族に撮影してもらいました。

20120917

紅葉八幡宮奉納

 9月17日(月・祝)
 福岡市早良区高取の紅葉八幡宮で、宗家継承15周年記念行事として演武を奉納いたしました。台風16号の進路が心配されましたが、宗家・師範を始め17名の会員が神事を受けた後、雨天のため神殿内にて演武を奉納いたしました。いつも斬試でお世話になっている八幡宮です。会員もしっかり稽古してきた業をたくさん奉納できました。
 撮影担当も演武に集中した為、詳細をご報告できないのが残念です。
 紅葉八幡宮の皆さま、参拝の皆さま、ご協力ありがとうございました。

DSCN1632(変換後).jpg

節目の奉納を終えてほっとした表情の会員たち。

20120914

紅葉八幡宮奉納にむけて

 9月17日(月・祝)午後3時より
 福岡市早良区高取の紅葉八幡宮で、宗家継承15周年記念行事として演武を奉納いたします。金曜日は奉納に向けて最後の稽古。とくに木剣組太刀中心に稽古を重ねてきました。組太刀は試太刀としてはもちろん打太刀をつとめても大変勉強になります。実際に相手を打つ事はできないので、寸前で止めるタイミングを測るのにも緊張します。台風が心配ですが心を込めて務めたいと思います。


035.JPG

金曜日、組太刀の稽古。

20120825

浴衣deてくてくお城めぐり

 8月25日(土)午後3時半〜午後8時
福岡城趾舞鶴公園にて。福岡城むかし探訪館主催の
「浴衣deてくてくお城めぐり」が行われました。
趣旨は”浴衣を着て福岡城跡を外国人と気軽に散策”
そのスタートに柳心会国際部と長岡宗家の演武を披露。福岡在住の外国の方々に木剣の持ち方などを指導いたしました。みなさん、笑顔で和気あいあい。楽しんでいただけたようです。

IMG_5956 のコピー(変換後).jpg

木剣の振り方を習って記念写真。浴衣姿が清々しい。

201208010

里帰りの季節です。

 お盆を前に、東京道場の行徳さん(左端)が里帰りして、福岡武道館道場に。久しぶりに福岡の会員と一緒に稽古です。奥入以上の会員に技を説明する宗家。熱心に聞き入る会員です。
 立秋を過ぎ、暑さは少し和らいだものの、高い湿気に汗だくになりながら教わった技を何度も繰り返すと、だんだん身に付いてくる感じがします。途中再度指導を受け、より美しい技を目指します。
 進学や就職、その他で福岡の道場から遠ざかっていても再び参加すると、昔のまま気持ちよく稽古できるのが柳心会の良いところですね。

DSCN1023(変換後).jpg

徹底の1本目から3本目まで続けて指導を受けました。

20120805

夏のビアガーデン懇親会。

 福岡市天神のビアガーデンで、夏恒例の夕涼み懇親会が行われました。宗家はじめ、大先輩で休会中の山本さんも参加、13名がビールやジュースで乾杯!稽古ではなかなか聞けない話も出て楽しい会になりました。しかし途中で夕立が降り始め、傘をさして通り過ぎるのを待ちましたがなかなかやまず、そのまま傘をたためない珍しいビアガーデン懇親会に…。腹をくくれば雨もまた笑いとばす会員です。みなさまご参加ありがとうございました。

DSCN0998.JPG

和気あいあいですが、この後雨が…。

20120802

体験入門者を指導

 7月29日朝8時半から恒例の崇福寺黒田家墓所草取りがありました。酷暑の中、藤香会の皆さま、柳心会の参加会員の皆さまお疲れさまでした。
 7月27日(金)の稽古では体験入門3週目の高校生に宗家が指導しました。それを横で聞いていると簡潔にして理路整然。一つ一つの動きが意味を持っている事やなぜそうしなければならないかが改めて胸にしみます。最近熱心な若者の入門が相次いで道場の平均年齢を下げています。それもあってかどうかわかりませんが、会員一同休みも少なく酷暑の中、気を引き締めて稽古にのぞんでいるようです。

120727_2006~01.jpg

正中一文字と横一文字を指導する宗家

20120710

三月田館道場の稽古は
第二第四火曜日です。

 第二第四の火曜日、夕方19:00~21:00福岡市南区高宮の三月田館で稽古をしています。温度も湿度も高い季節、クーラーが入るので助かります。その分時々水分補給する以外、気がつくと休み無しだったりします。宗家はただいま山笠の真っ最中。三月田館は自己運営の施設なので大切に使用しなければ。駐車場はありません。この日の稽古では基本の「雁落」の理合と方向を時間をかけて正してもらいました。漫然と稽古しているとだんだん型が崩れてくるものなんですね。(撮影者は特に崩れてました…)

DSCN0667(変換後).jpg

基本の型は身に付いていると思い込みがちなので師範も指導にひと苦労。

20120504

平成24年どんたく福岡城舞台

 今年は雨の連休になりました。どんたく最終日の5月4日(金)の朝も小雨。出番まで心配されましたが、第16代黒田家当主黒田長高様と御令室御令嬢の到着までには雨もあがり、柳心会の奉祝演武も無事執り行うことができました。去年の舞台よりかなり狭くなり演武に少々苦労がありましたが、珍しく宗家とマイク師範の杖対合気道も行われ、会員にとっても有意義な演武となりました。

DSCF5746.jpg

           宗家とマイク師範・真剣で剣法組太刀 

20120428

近況報告 



 去る4月14日(土)香椎宮春期氏子大祭御神幸式にて演武を奉納致しました。現在は5月4日のどんたく奉祝演武に向けて、稽古に励んでいます。今年の福岡城舞台は福岡城昔探訪館となり(平和台鴻臚館前バス停下車)。柳心会は朝10時頃の演武です。この時期、ツツジが咲き乱れ、福岡城趾は新緑に囲まれて一年で一番はれやかな季節。黒田家第16代当主黒田長高様ご家族もお見えになり緊張の演武ですが、終わるとその清々しさはまた格別です。どんたく発祥の地、福岡城での演武をどうぞご覧下さい。

1.jpeg

       香椎宮春期大祭で奉納演武

20120226

太宰府天満宮奉納

第十四代長岡源十郎鎮廣宗家の宗家継承15周年記念行事のスタートとして、本日午後太宰府天満宮に演武を奉納いたしました。参加者14名と関係者が神殿でのお祓いを終えた後、日曜日とあってたくさんの参拝者が見守る中、ほんのりと咲き始めた真白な「飛梅」前で、稽古してきた技を全員緊張しながらもしっかり演武いたしました。太宰府天満宮は黒田家とのゆかりも深く祝詞の中にも興味深いことごとがきこえ、感激もひとしおでした。関係者の皆様、参拝者の皆様、ご協力ありがとうございました。
「太宰府天満宮奉納」リンクでご報告しています。 

IMG_2259.JPG

          太宰府天満宮境内にて

20120217

太宰府天満宮奉納に向けて


今年は長岡宗家の宗家継承15周年の年です。その記念行事の一つとして、2月26日(日)の午後2時より、太宰府天満宮の「飛梅」前で、柳心会による演武を奉納いたします。  現在福岡武道館道場や西高宮道場では組太刀や個人演武の稽古が熱心に続けられています。多くの参拝者の前で奉納しますので、緊張感もひとしお。どきどきですが、しっかり演武したいと思います。15分程の短い時間ですが、興味のある方は天満宮ご参拝とともにご覧いただければ嬉しいです。                              柳心会一同

DSCF4631.JPG

          実際に使用するシートを敷き本番と同じように演武

20120201

剣法発祥の地で… 鵜戸神宮大祭



平日とあって6名で前日に宮崎に向けて出発。心配された雪の予報が一転しておだやかな天気に。当日も目にまぶしいほどの快晴。鵜戸神宮本殿は荒海を見下ろす崖の中腹にありますが、凪の海から上る朝の光に照らされて暖かく、観光客の楽しげな声の中、粛々と演武を奉納いたしました。 空模様が心配なので終了後すぐに帰途に。帰り着いて福岡の寒さにびっくり。次の日は昨日通ってきた高速道路が雪のため閉鎖。今年は本当に運の良い旅となりました。お疲れ様でした。 

DSCF4421.JPG

          宮崎県日南市鵜戸神宮の本殿

20120113

平成24年 福岡武道館稽古初め


 本年は長岡宗家の宗家継承15周年です。念頭の挨拶で会員は記念の手拭を拝領。黒田家前当主黒田長久さまからいただいた「不抜心勝」という言葉が書かれています。刀を抜かずして心で相手を制する。柳生新影流の活人剣をみごとに表したシンプルでいて力強い言葉です。記念行事も派手ではありませんが意義深い行事が待っています。会員一同真剣につとめたいと感じた稽古初めです。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

3.jpg

        「不抜心勝」の意味を説明する宗家

20120102

新春奉納  香椎宮




平成24年が明けて二日目、珍しく曇り空のもと恒例の新春奉納が行われました。宗家師範を含め12名が参加。奉納演武の前に歳初めのお祓いを受けました。 今年は宗家継承15周年の記念すべき年。弟子一同もますますの精進を肝に銘じました。 香椎宮では春と秋を含め年に3回、演武を奉納させていただいていますが、新春は特に身が引き締まります。大変な一年になった昨年でしたがどうぞ今年はおだやかで充実した年でありますように。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。           柳心会一同

20120102171405 のコピー.jpg

       香椎宮神殿でお祓いを受けました。

shiro.jpg

2011年〜の日記はこちらからお入りください。