oshirase of Ryushinkai

柳心会のマイケル師範が黒田家家臣の会「藤香会」の会員に!

外国人で初めて。おめでとうございます!

DSCF6709.jpg

技に関しては厳しいマイケル師範。刀を鞘に納めると,いつも笑顔の超やさしい先生です。

自己紹介 藤香会会員 マイケル・コンタス(柳心会会員 福岡黒田藩伝柳生新影流兵法 師範)



 このたび、藤香会会員に推薦していただいた事を大変感謝しています。外国人として初めて「黒田様の家臣の会」の一員となれましたことを誇りに思っています。師匠の十四代長岡宗家にも大変すばらしいことだと喜んでいただきました。
 私はアメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティの出身ですが、来日して二十二年、先代蒲池宗家のときから現在まで二十一年間、新影流を学んでいます。私にとって新影流は「生なる遺産」です。新影流の創立者の魂は今日も技に引き継がれており、その歴史の一部に私が携われておりますこと、大変うれしく思っております。
 稽古をするたびに新影流代々の先祖を想いながら、稽古に励む環境に身を置ける事を感謝しています。いまなお、真なる武道家であるため、また新影流をいかに正しく継承して教えていくか勉強中ではありますが、伝統ある日本の武道を学びたいという外国人の方々の支えになりたいと思っています。
 現在私は福岡市天神で英会話スクールの経営と、そこでの講師を務めていますが、将来はアメリカで道場を開きたいと考えています。
 これからも新影流に携わったときの初心と姿勢を忘れることなく、稽古に励み精進していきたいと思っております。
 皆さま何卒よろしくお願い申し上げます。

藤香会だより 平成24年(2012)7月1日 13号より