沿革

     関ヶ原の戦功を認められた黒田如水・長政親子は徳川家康より筑前一国を与えられた。そして…

柳心会について

由来と沿革

愛洲影流継承 福岡黒田藩傳柳生新影流兵法

新影流は上泉伊勢守秀綱(後、武蔵守信綱と改む)の創始による兵法である。
天文年間、武神の地「鹿島」に於いて愛洲移香斎の影之流、並びに松本備前守の鹿島神流を学び、習得せし剣理剣法に自ら悟得したる兵法を加え創意工夫を重ね遂に大成、人間の煩悩を断ち切る「摩利支尊天」の振るう仏刀を奥源となし不殺修身の活人剣を以て奥義とした。後、影流に新の字を加えて「新影流」と号した。

永禄十年、上泉信綱は大和柳生の庄にて柳生宗巌に新影流兵法の総てを伝授後、不双の印可状を与えた。宗巌はさらに師の兵法に新意を加え柳生の剣と成し「柳生新影流」と称した。

宗巌の高弟の一人であった大野松右衛門家信(当流三代)は、兵法の認可と共に「柳生」の姓を拝受し、柳生松右衛門家信として同門の有地内蔵丞元勝(当流四代)を帯同西下し、柳生家臣として長州の萩藩にて兵法指南役をした後、筑前黒田藩に赴き西国柳生新影流の道を開いた。

当流第十二代、三宅三右衛門継信より昭和十七年、蒲池源三郎鎮浪が第十三代宗家を継承した。蒲池源三郎鎮浪は昭和十七年から十三代宗家として五十六年間に渡り武道一筋に修練し、晩年は影流継承者としても後進の指導につとめた。
その後、平成九年に長岡源十郎鎮廣が第十四代宗家を継承し現在にいたっている。





ページトップへ

愛洲影流継承の意味

2017-10-07

失伝したと思われていた「影流」の技

柳心会は、平成23年8月、剣聖「愛洲移香斎」生誕地(三重県度会郡南伊勢町)での剣祖祭へ10年振に赴き奉納演武を行った。たくさんの流派が集い、京都経由で一泊の訪問に参加した会員は身の引き締まる思いであった。愛洲影流においては平成6年に三重県度会郡南伊勢町、影流資料館「愛洲の館」竣工にあたり、武備志に伝わる影流の業をパネルにして展示する運びになっていた。そこで施工責任者は影流を知る者を日本中探し回ったそうだ。そして最後にたどり着いたのが、剣法発祥乃聖地宮崎県の鵜戸神宮だった。当時の佐師宮司が「春の例祭で奉納している蒲池鎮浪氏に聞いてみましょう。」と蒲池宗家に連絡したところ「その業はこうで・・・」と電話口で説明されたとのこと。2月1日春の大祭奉納に訪れた蒲池宗家を鵜戸神宮の岩窟にて撮影しなんとか「愛洲の里」竣工に間に合ったという経緯がある。こうして平成6年、柳心会は剣祖愛洲移香斎の末裔である現在の平沢家より「愛洲影流継承」の認可を受け、蒲池宗家は意欲的に影流の保存に尽くし、その業の全てを現長岡宗家とその他数名に伝授したのである。 

日輪摩利支天

摩利支尊天の振るう仏刀

当流初代<上泉武蔵守信綱>は、諸流(上古之流・中古念流・新当流・影流の原理)を学び奥義を究めた上、影流において別に「摩利支尊天」の秘法を勤修し、自ら新しい原理を確立して「新影流」を創始した。
以来、「日輪摩利支天」は当流のご神体として崇め奉るもの也。
 「摩利支天」は古仏菩薩の垂迹応化(衆生を救済せんとして神となって形を現す)である。
顔は天童女で三面六臂(腕)、身には甲冑を着け、頭には宝冠を戴き、猪に乗っている。
衆生を守らんが為、常に日月に先達て巡る。
六臂には各々持物があり、これらは皆、「抜苦輿楽」を示している。
弓矢剣を以ては悪魔を降服し怨賊を滅し、絲針を以ては女人手技を助け、
讒言(事実でないことを目上の人に告げ他人を陥れる)悪口の唇を縫い閉じ、また無憂樹(この樹の下でお釈迦様が誕生されたと言われます)を以ては五穀の結実を豊かにして万民の飢餓を救う。
 摩利支天がその力を加勢すれば、敵に悟られずに相手を襲い、また、自分は決して傷つく事はない。ということで、古来より武士が摩利支天を尊崇した。
一般には開運勝利・七難病苦を免れる等のご利益があるといわれている。
(摩利支天の真言…オン マリシ エイ ソワカ)


奉納・奉祝

技を磨き奉祝奉納

現在、柳心会会員は長岡宗家指導のもとに鍛錬し、香椎宮(官幣大社)、鵜戸神宮(剣法発祥の地)ほかの大祭や、黒田家ゆかりの行事で、剣法(新影流・影流)組太刀、木剣組太刀、小太刀、無刀取、体術、杖術、鉄扇術等、奉納演武・奉祝演武を行っている。

*その他の行事については「行事日程」リンクをごらんください。